scene

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悲しいお知らせ

ちびたま
ネコのしらたま。

4月6日、しらたまが逝ってしまいました。
1週間経って少し落ち着いてきましたのでお知らせします。

しらたまは小さい子で、いつまでも子猫のような顔をしていたのでよく写真に撮ってはツイッターに上げていました。
フォロワーの方々にも馴染んで頂けてたようですし、必ずお気に入りにしてくださる方々もいて、お知らせせねばと思って。今まであの子を愛でてくださってありがとうございます。

以下詳細ですので、お辛い方はそっとウィンドウをお閉じくださいませ。













突然の病気でした。病院に行ったときにはもう検査も血液検査とレントゲンくらいしかできなくて、肝不全としか分かりませんでした。体調を悪くする前日まではご飯も食べ、ウンチもして元気に遊んでいました。
本当に突然で、2日間の点滴治療の甲斐もなくあっという間に逝ってしまいました。
痩せてやつれることもなく、肉球も鼻もずっとピンク色でした。
でもこの子、亡くなってからも肉球と鼻はピンク色のままだったな。

しらたまは6歳でした。
6年間病気もせず元気でやんちゃな子でしたが、あまり大きくなれない子でした。拾った時からなんとなく、あまり長生きしない子なんだろうなという良くない思いはありました。時々「長生きしろよ」なんて変な言葉をかけていました。
予感だったんだと思います。
でも、6年は早すぎる。最低でも10年は生きてて欲しかった。本当は20年くらい生きてて欲しかった。

しらたまより年寄りのもう1匹のネコ、大きいチビさんがしらたまが眠っている箱を覗いては、顔を見つめて細い声で鳴いてた。仲悪かったのに寂しそう。わかるんだなぁ。でもお供えしてたカリカリをつまみ食いしてた。そのへんはわからないんだろうなぁwww

子猫だったしらたまを拾ったのは梅雨時の雨の日で、冷えていたので懐に入れて家まで運びました。入れたらすぐに動かなくなって、ヤバいのかと思いきや、ぷーぷー寝息をたてて爆睡してまして。あの日がたったの6年前。
6年の間、私自身が苦しい時期に、ずっと側にいて楽しい時間をくれたしらたまちゃん、ありがとう。
かわいい子、大好きよしらたまちゃん。

« お礼|Top|春です。 »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: しらたまちゃん

コメント、ありがとうございます。嬉しいです。

去年の秋ですか…亡くされてまだ間もないのですね。
20年、その分の喪失感は大きいことでしょう。

肝臓の症状は人間と同じで、気づいた時には遅いということがほとんどだとお医者の先生に言われました。
それでも、長く患うこともなく苦しむ時間が短かったことだけは、ほんのちょっとは救いになりました。

博多とおりもんが好きなのですね、ウチの子はヨーグルトが大好き。毎日お供えしています(笑)
天国では、ウチのやんちゃなしらたまをよろしくねと、お伝えください(◡‿◡*)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Top

HOME

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。